クラウドのスピード感が、自らのビジネスも変えていく ――パット・ゲルシンガー VMware CEOに聞く

クラウドのスピード感が、自らのビジネスも変えていく ――パット・ゲルシンガー VMware CEOに聞く

パット・ゲルシンガー(Pat Gelsinger)VMware,Inc.最高経営責任者(CEO)インテルに30年以上勤務し、初代最高技術責任者(CTO)はじめ半導体技術部門の要職を歴任。PC用プロセッサの設計をはじめ、企業向け製品の開発を指揮した。その後EMCに移籍し、社長兼最高経営責任者(COO)を務め、情報インフラ部門を率いる。2012年9月、VMwareに入社して現職。CEO就任5年を迎えたPhoto by DIAMOND IT & Business

VMware(ヴイエムウェア)は、業務アプリケーションを動かすためのサーバーやネットワークを運用管理する「仮想化ソフトウェア」の分野で世界ナンバー1の企業である。10月に日本で行われた同社のイベントにパット・ゲルシンガーCEOが来日し、注目を集めるAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)との提携や、日本企業のデジタル変革への考えを語った。

■日本のIoT技術は世界で勝てるのか

――今回の来日に合わせて、日本企業の複数のCIOとミーティングを持たれたということですが、日本のCIOの印象に変化はありましたか。

パット・ゲルシンガーCEO(以下・略) 私の認識では、日本企業は全体として、欧米に比べて保守的で、慎重であるがために新しい技術を採用するのがやや遅れてきたと思っています。

 以前は2年ほど遅れているという認識でしたが、いま急速に採用のカーブが上昇しているという印象です。クラウドの検討が進んできている中で、ハイブリッドクラウド(自社所有のデータセンターとクラウドを接続する技術)への関心が高まっています。

 また、特にIoTの分野では、日本企業にとって世界をリードするチャンスだと思っています。多くの工場の自動化(ファクトリーオートメーション)、産業用ロボットの分野で日本が持っている能力を活用することができます。ヴイエムウェアでは、トヨタ、富士通などを筆頭にこの分野で協業を進めています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)