かつてアメリカ人が、美術品を“爆買い”した理由

かつてアメリカ人が、美術品を“爆買い”した理由

ワシントンDC にある美術館「ナショナル・ギャラリー」

いま、「美術史」に注目が集まっている――。社会がグローバル化する中、世界のエリートたちが当然のように身につけている教養に、ようやく日本でも目が向き始めたのだ。10月5日に発売されたばかりの新刊『世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」』においても、グローバルに活躍する企業ユニ・チャーム株式会社の社長高原豪久氏が「美術史を知らずして、世界とは戦えない」とコメントを寄せている。そこで本書の著者・木村泰司氏に、知っておきたい「美術」に関する教養を紹介してもらう。今回は、アメリカで美術館文化が根付いた理由について。

■なぜアメリカ人は、美術品を買い漁ったのか?

 19世紀末に経済的に発展を遂げ、20世紀には世界一の経済大国となったのがアメリカです。19世紀後半以降のヨーロッパの文化は、芸術、ファッション、そしてワインでさえも、このアメリカ人が有する莫大な富により支えられることになります。

 アメリカ人がヨーロッパの美術市場に影響を与え、そして牽引していくようになるのは19世紀後半になってからのことでした。南北戦争(1861〜65年)終結後のアメリカは繁栄期を迎え、アスター、ヴァンダービルト、モルガン、ロックフェラーなどの大財閥が台頭。経済的にはヨーロッパの一歩先を歩むようになっていきます。そして、国内がまとまり落ち着いた19世紀後半以降、アメリカ人はその莫大な富の力で美術品のみならずアンティークの家具や美術工芸品を買い漁りました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)