「アウトドア好きばかりが集まる」組織文化がスノーピークの好調を支える

「アウトドア好きばかりが集まる」組織文化がスノーピークの好調を支える

山井太・スノーピーク社長

80年代から「オートキャンプ」に新たな価値を見出しながら、日本人の生活に自然との調和を広げてきたスノーピーク。創業地・新潟県燕三条から発信するアイテムは世界的にファンが多く、その経営方針や組織づくりにも注目が集まる。その原点や考え方を、山井太社長に聞いた。(聞き手/多田洋祐・ビズリーチ取締役キャリアカンパニー長)

■シェア100%でも全人口の6%にしか届かない

多田 スノーピークが「オートキャンプ」の領域を切り拓いたのは、1986年に山井社長が入社されてからですね。それから30年ほど経って事業成長の伸び率も変わってきていますが、社長の中では「このタイミングで拡大しよう」といった覚悟は決められていたのでしょうか。

山井 「自然指向のライフスタイルを提案し実現する」というミッションのもと、2010年頃まではキャンプ用品メーカー、アウトドア用品メーカーとして自分たちを捉えていました。その売り上げが30億円に達したとき、「将来、我々はどうやって事業展開をしていくのか」を社内でディスカッションしたんです。

 アウトドア好きをターゲットにしたメーカーとして成長していくならば、我々はその領域に限れば知名度もあり、ゆるやかに2017年くらいには50億円ほどの売上になるのでは、と読めました。

 一方で、キャンプ用品メーカー、アウトドア用品メーカーの枠にとどまらず、新たな価値提供ができる事業をしっかりとつくって、お客様と向き合っていく選択肢もあったのです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)