がん免疫療法に美容整形病院も続々参入、翻弄される患者たち

がん免疫療法に美容整形病院も続々参入、翻弄される患者たち

医療機関側が言い値で治療費を決められる自由診療は、まさにドル箱。玉石混淆と言われる免疫療法の中から、患者が“玉”を探し出すのは困難だ

近年、癌医療において、オプジーボやキムリアなど免疫薬が飛躍的に進歩している。しかしその一方で、「免疫療法は胡散臭い」という話もよく聞き、患者はどの情報を信じたら良いか分からない状況だ。そこで日本医科大学武蔵小杉病院・腫瘍内科教授の勝俣範之医師に、免疫療法はどんなもので、何が問題なのかを聞いた。(清談社 岡田光雄)

■年間3500万円、“夢の癌治療薬”が保険適用で大幅値下げに…?

 国立がん研究センターによれば、2013年の1年間に癌と診断された患者数は約86万2000人で、17年には101万4000人に達すると予想している。厚生労働省の発表でも、今や日本人の3割近くが癌で死亡しているという。

 これまでの癌治療は、手術、放射線療法、化学療法が3本柱とされてきたが、近年、話題となっているのが4つ目の治療法である「免疫療法」。従来の抗癌剤治療のように癌細胞を直接攻撃するのではなく、人間の体に元々備わる免疫力(リンパ球)を強めて癌を倒すという治療法だ。

 元・厚生労働省直営機関である国立がん研究センターが、科学的根拠(エビデンス)に基づいて「効果アリ」と認めている免疫療法はごくわずかではあるが、存在する。その一つが14年に“夢の癌治療薬”と鳴り物入りで登場した免疫チェックポイント阻害剤「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)だ。

 癌細胞は天敵である免疫力にブレーキをかける働きがあるが、オプジーボはそのブレーキを解除し、リンパ球による癌細胞への攻撃を強める効果がある。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)