朝令朝改も辞さない 日清食品におけるマーケティングの神髄

朝令朝改も辞さない 日清食品におけるマーケティングの神髄

安藤徳隆(あんどう・のりたか)
日清食品株式会社 代表取締役社長
1977年生まれ。2004年安藤スポーツ・食文化振興財団を経て、2007年日清食品に入社。経営企画部長に就任し、以後、日清食品ホールディングス取締役・グループマーケティング責任者(CMO)、専務、米州総代表、グループ戦略責任者(CSO)を歴任する。2015年4月より現職。

「迷ったら突き進め。間違ったらすぐ戻れ。」「純粋化した組織は弱い。特異性を取り込み、変化できるものが生き残る。」「知識と経験に胡座をかくな。自己研鑽なき者に未来はない。」……などの行動規範は、時代によって入れ替えるという日清食品。ネットやテレビCMで型破りなブランドコミュニケーションを仕掛け、稀代のマーケターでもある同社の安藤徳隆社長に、マーケターに不可欠な言葉のセンスや、引き出しの増やし方について『マーケティングの仕事と年収のリアル』著者・山口義宏さんが聞きました。(撮影:疋田千里)

■「スマートワーク」を考えてもらうための…「サボろう」

山口義宏さん(以下、山口) 前回伺ったような、コミュニケーションや商品に関する企画会議での議論やフィードバックのすべてが企業文化そのものですよね。何が奨励され、何がダメなのか。結果のレビューについても「赤字は出たけど、チャレンジしたから良しとしようじゃないか」という空気があって、戦犯とはいえ出世の芽がなくなったわけではなし…とみんなが思っているような、雰囲気が大事なんだろうなと思いました。

安藤徳隆さん(以下、安藤) そのあたりを明文化した「日清10則」 という行動規範があって、時代に合わせて内容も入れ替えています(下記参照)。

 たとえば「迷ったら突き進め。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)