景気判断「下方修正」でも消費増税を再々延期する必要性はない

景気判断「下方修正」でも消費増税を再々延期する必要性はない

Photo:PIXTA

内閣府が発表した1月の景気動向指数で、CI一致指数の基調判断が「下方への局面変化」へと下方修正された。

 昨年11月から3ヵ月連続で一致指数が前月比マイナスを続けていることが根拠だ。鉱工業生産指数などの生産関連のデータが軒並み悪化していて、典型的な外需主導の景気後退の様相を呈している。

 ここで考えさせられるのは、果たして安倍政権は公約通りに2019年10月の消費税率引き上げを実行するかどうかという点だ。

「消費税増税をまたまた延期するのでは」という声も聞こえてくるが、どうだろうか。

■「景気後退」の判断を急ぐ必要はない

 政府は、一応「リーマンショック級の出来事がない限り」は、税率10%への引き上げを実行すると表明している。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)