「人間は自主的に貯蓄できない」マネーフォワードのユーザーから学びたい資産づくりの極意

「人間は自主的に貯蓄できない」マネーフォワードのユーザーから学びたい資産づくりの極意

瀧 俊雄(たき・としお)さん
株式会社マネーフォワード取締役 兼 Fintech研究所長
1981年東京都生まれ。 慶應義塾大学経済学部を卒業後、野村證券入社。野村資本市場研究所にて、家計行動、年金制度、金融機関ビジネスモデル等の研究業務に従事。スタンフォード大学経営大学院、野村ホールディングスの企画部門を経て、2012年よりマネーフォワードの設立に参画。

親世代と比べて給与は不安定なのに、スマホ代など新たなコストは膨らむ…でもSNSなどで派手な消費行動を披露する――貯蓄できない環境がそろっている現代において、どうすれば資産をつくれるのか? 日本におけるFintechベンチャーの先駆け的存在であるマネーフォワードの設立メンバーで取締役兼Fintech研究所長の瀧俊雄さんと、資産運用のロボアドバイザーサービスを展開するウェルスナビを創業した柴山和久さんの特別対談・後編。「起業するつもりはなかった」というお二人は、どんな問題意識に突き動かされてFintechベンチャーを立ち上げたのでしょうか。(構成:大西洋平、撮影:疋田千里)

■婚約指輪を買ったら残高がほとんどなくなった

瀧俊雄さん(以下、瀧) (前編で)もっともらしく起業の背景などもお話しましたが、実はもともと僕には起業するつもりはまったくなかったんですよ。野村證券で、市場型の経済を拡げるロビイストになるのが僕の夢でしたから。その過程で、確定拠出年金の拡大や、NISA(少額投資非課税制度)の設立に向けてやっていた仕事は、私の中では生き甲斐ともいえるものでした。

柴山和久さん(以下、柴山) 私が財務省時代に、英国のISA(個人貯蓄口座。NISAの模範となった制度)について調査したことがありました。そもそもISAは英国人の貯蓄率の低さを改善するために導入されたはずなのに、どうして株式投資に関する制度の参考とするのが不思議に思ったものです。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)