超人気私立女子校が奇跡の会社から学びたいこと

超人気私立女子校が奇跡の会社から学びたいこと

漆 紫穂子(うるし・しほこ)
品川女子学院 理事長
1925年創立の中高一貫校・品川女子学院の6代目校長を経て、2018年より現職。教育再生実行会議委員(内閣官房)国立教育政策研究所評議員(文科省)「28プロジェクト〜28歳になったときに社会で活躍する女性の育成」を教育の柱に、社会と子どもを繋ぐ学校作りを実践。趣味はトライアスロン。近著『働き女子が輝くために28歳までに身につけたいこと』『女の子が幸せになる子育て』(ともにかんき出版)など多数。

「成績優秀な大学生が自宅やオフィスをお掃除します」。フロリダ大学の学生が創業した清掃サービス会社、スチューデント・メイド。創業から10年、“非常識なまでに徹底した、社員を大切にする経営”により、全米で大評判となった同社の採用面接には、今やミレニアル世代を中心にさまざまな世代が押し寄せるという――。この連載では、同社の創業者、クリステン・ハディードの著書『離職率75%、低賃金の仕事なのに才能ある若者が殺到する奇跡の会社』(クリステン・ハディード著/本荘修二監訳/矢羽野薫訳)の記事からその驚くべきストーリーやノウハウを紹介し、同書にインスパイアされた各界で活躍されている方のインタビューを掲載していきます。今回は、2回にわたって品川女子学院理事長の漆紫穂子先生が、『奇跡の会社』の読書体験をシェアしてくれます。(構成/西川敦子、撮影/タキモトキヨシ)

■女子は個人戦よりもチーム戦に強い

本荘 品川女子学院といえば、都内でも屈指の人気校。漆さんが改革に着手されてから、まさに「奇跡の学校」です。文部科学省のスーパーグローバルハイスクール指定校にもなっているそうですね。

漆 この本の著者、クリステン・ハディードさんみたいなアントレプレナー精神に富んだ女性を育てたい、というのが私の願いです。ですから、企業と商品開発を行うなどの総合学習に力を入れ、行事も生徒たち自ら企画・運営しています。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)