「整理整頓」から始めると、 職場の「働き方改革」が劇的に動き出す理由

「整理整頓」から始めると、 職場の「働き方改革」が劇的に動き出す理由

「整理整頓」から始めると、 職場の「働き方改革」が劇的に動き出す理由の画像

2019年4月に罰則つき残業規制がスタートすることもあり、「働き方改革」は喫緊の課題となっている。そんななか、プレッシャーが増しているのがプレイングマネジャー。個人目標とチーム目標を課せられるうえに、上層部からは「残業削減」を求められ、現場からは「仕事は増えてるのに…」と反発を受ける。そこで、1000社を超える企業で「残業削減」「残業ゼロ」を実現してきた小室淑恵さんに『プレイングマネジャー 「残業ゼロ」の仕事術』をまとめていただいた。本連載では、本書のなかから、プレイングマネジャーが、自分もチームも疲弊せずに成果をあげるノウハウをお伝えしていく。

■整理整頓で「1ヵ月分のムダ」が消える

 職場の「働き方改革」は”小さなこと”から始めるのがコツです。

 そして、私たちが1000社を超える企業のコンサルティングをしてきた経験から、「劇的な効果がある」と断言できる”小さなこと”があります。意外に思われるかもしれませんが、それは「整理整頓」です。誰でも「やればできる」ことであるのですが、その効果は「劇的」と言っても過言ではありません。

 これまで私たちがコンサルティングをしてきたなかで、最も多かった問題のひとつが、「資料など、何かを探している時間が多い」ということ。実際、「ビジネスパーソンは探し物に年間150時間を費やしている」という研究結果もあります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)