マンションの「妥当な」売却価格とは? 不動産会社任せはNG!

マンションの「妥当な」売却価格とは? 不動産会社任せはNG!

マンションの「妥当な」売却価格とは? 不動産会社任せはNG!の画像

「もうマンションを買ってもいいかな。でも損はしたくないし、ローンも怖い」。
そんなあなたが買うべきは、「60m?前後」×「駅徒歩7分以内」×「2001年以降完成」のマンションしかありません。

本連載の書き手は、「不動産ひと筋30年! 12000人と面談し、成約件数は6000件以上」という圧倒的なキャリアを持つ後藤一仁氏。不動産仲介会社の“現役”社長です。「不動産を通じて、1人でも多くの人に幸せになってほしい」という願いが込められた『マンションを買うなら60m?にしなさい』の著者でもあります。「損をしない、戦略的なマンション選び」を語ってもらいます。

■不動産会社任せにせず、自分で考える

 マンションを売るときは、ポータルサイトに情報がアップされ、一般消費者が認知する数日の間が最もアクセス数が多くなります。そして、その後徐々に減っていきますので、最初の設定価格が非常に大切です。

 この価格設定を不動産会社に任せきりにしてはいけません。自分でも、「売り出すとしたら適正と思える価格はいくらか」を考えるのです。

 不動産会社から査定額を教えてもらうときには、価格算出の参考資料である「成約事例」を教えてもらいましょう。

 成約事例は、時期(年)によって、価格が高いとき、低いときがありますが、実際にそのマンションが本当に売れた価格です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)