メルセデスベンツ S400d、「崇拝モデル」に新フラッグシップ登場【試乗記】

メルセデスベンツ S400d、「崇拝モデル」に新フラッグシップ登場【試乗記】

メルセデス・ベンツS400d 新開発ストレートシックスはガソリン仕様と共用の軽量アルミブロック仕様 ディーゼルとはいえスムーズでスピードの伸びは超一級品 JC08モード燃費はSクラス最良の14.2km/リットルをマーク 価格:9SATC 1138万円

Sクラスに新開発3リットル直6ディーゼルが設定された。経済性と高級感を誇るS400dは、340ps/71・4kg・mというスペックだ。新フラッグシップが登場した。

■ディーゼルターボを積むSクラスの新ラインアップ

 ライバルは数あれど、ノーズにスリーポインテッドスターが輝くメルセデスSクラスの存在感は圧倒的に高い。信仰にも似た感覚でSクラスを眺めるユーザーが多い、という印象さえ受ける。

 そんなSクラスのラインアップに、いっそうの魅力をもたらすモデルが加わった。ストレートシックスのディーゼルターボを積むS400dだ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)