平成と共に消え行く「車内販売」、昭和と共に去ったのは食堂車だった

平成と共に消え行く「車内販売」、昭和と共に去ったのは食堂車だった

東海道新幹線車内の食堂車の風景。昭和の時代には在来線でも食堂車があったが消滅し、残ったブルートレインや新幹線の食堂車も平成に入ると徐々に消えていった Photo:Haruyoshi Yamaguchi/AFLO

平成の終わりとともに、JRの車内販売が消えようとしている。振り返れば、昭和の終わりとともに消えていったのが食堂車。電車の高速化とともに、「鉄道と食の関係」はどんどんと変わっていくものなのだ。(鉄道ジャーナリスト 枝久保達也)

■平成の終わりとともに消え行く車内販売

 平成の終わりとともに、JRから車内販売が消えようとしている。JR北海道、JR九州は3月15日をもって新幹線の車内販売を終了、JR四国の在来線特急列車とJR東日本の一部の新幹線や「草津」や「踊り子」などの特急列車でも車内販売を終了し、継続する列車においても販売品目を飲み物や菓子類に絞り込む。

 車内販売の退潮は今に始まったことではない。東海道・山陽新幹線「こだま」や東北新幹線「なすの」、上越新幹線「たにがわ」など短距離利用中心の新幹線や、JR東海・JR西日本・JR九州の在来線特急列車では、既に車内販売の営業を終了している。

 JR東日本は車内販売を終了・縮小する理由として「乗車前に弁当や飲み物を購入するようになり、利用が減少している」ことを挙げている。

 振り返れば30年前、車内販売にその役割を譲り、消えようとしていたのが食堂車だ。一般向け食堂車の最後を飾った東海道・山陽新幹線「100系V編成」は改元直後の1989(平成元)年3月11日、東京〜博多間を最短5時間47分で結ぶ「グランドひかり」専用車両としてデビューした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)