安藤百福 偉大なる発明家であり、起業家であり、経営者であった

日清食品の創業者、安藤百福は2007年1月5日に亡くなった。96歳だった。その4日後、『ニューヨークタイムズ』紙は、「ミスター・ヌードルに感謝」と題する社説を掲載し、次のような文章で結んだ。
「インスタントラーメンの発明によって、安藤は人類の進歩の殿堂にその名を永遠に残すことになった。人に魚を釣る方法を教えれば、その人は一生食べていける。人にラーメンを与えれば、何も教える必要はない」
 これは、安藤と彼の発明に対する最大級の賛辞を表したものにほかならない。彼はまさしく偉大な発明家だった。しかしそれだけではない。偉大な産業人であり、また起業家、経営者でもあった。


 数多の特許侵害にもめげず、みずから開発した技術を一人占めすることなく、オープンな使用許諾を通じて、おのれも競争に身を投じ、新産業の発展へと結実させた。歴史を遡ってみても、類似する例は極めて少ない。当時の特許庁長官も「知的所有権を独占せずに公開して、世界的な産業にまで発展させた人は安藤さんをおいてほかにない」と評している。安藤いわく、「会社は野中の一本杉であるよりも、森として発展したほうがよい」。
 安藤に限らないが、大事を成し遂げる人には、その人の一生を貫く強烈な原体験の存在が共通している。
 終戦翌年の1946年の冬、大阪の御堂筋を歩いていると、腹を空かせた子どもたち、やせ細り、うつろな目をした飢餓状態の人たちがたくさんいた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)