甲子園に出場しやすい都道府県ランキング、際立つ「西日本勢」の強さ

甲子園に出場しやすい都道府県ランキング、際立つ「西日本勢」の強さ

甲子園に出場しやすい都道府県ランキング、際立つ「西日本勢」の強さの画像

今年も1月25日に選抜大会の出場32校が発表され、一般枠で5校、21世紀枠で3校の計8校が初出場を果たした。このうち春夏通じて初めて甲子園に出場するのは、一般枠の札幌大谷高(北海道)と啓新高(福井県)、21世紀枠の石岡一高(茨城県)と富岡西高(徳島県)の計4校のみである。

 近年は初出場校が減少してきているが、それでも毎年増え続け、これまでに甲子園に出場したことがある学校は春夏合わせて1060校ほどになる(ただし、この中には戦前には予選が開かれていた満州・朝鮮・台湾の学校や、青森師範や秋田師範といった旧制の師範学校等も含む)。

 さらに部員数の不足で出場を見送るケースも出ている。例えば、2018年夏の西愛知大会の開会式に名古屋商は部員わずか1名で参加した。試合には出場せず、同校はそのまま休部、大正11年夏の第8回全国大会(当時は鳴尾球場で開催)に出場した古豪が予選から姿を消した。

 また、近年は少子化の影響で高校の統合が進んでおり、甲子園出場校同士の統合も各地で起きている。東海大一高と東海大工の統合でできた東海大静岡翔洋高(静岡県)、鳴門工と鳴門第一高が統合した鳴門渦潮高(徳島県)など、甲子園出場校自体もかなり減少してきている。

■甲子園に出場しやすい1位はどの県か

 これらを差し引くと、昨夏地方の予選に参加した3781校のうち、甲子園に1度でも出場したことがあるのは1015校ある。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)