冷戦時代にUCLA内科教授も務めた黒川清さんが衝撃を受けた、留学先のボスの一言

冷戦時代にUCLA内科教授も務めた黒川清さんが衝撃を受けた、留学先のボスの一言

黒川清(くろかわ・きよし)さん
医学博士、政策研究大学院大学名誉教授
1969-84年在米中、米UCLA内科教授を経て、東京大学内科教授、東海大学医学部長、日本学術会議会長、内閣特別顧問、東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員長などを歴任。現在は政策研究大学院大学・東京大学名誉教授、日本医療政策機構代表理事を務める。www.kiyoshikurokawa.com

冷戦中に十余年にわたってアメリカに在住、UCLAの内科教授も務めた黒川清さん。日本では内閣特別顧問や東京電力福島原子力発電所事故の調査委員会委員長を務めるなど、幅広く一線で活躍されています。日本の閉鎖的な組織運営をよしとせず、歯に衣着せぬ黒川さんに、平成が終わろうとしている今、日本が「失われた30年」を過ごしてしまった構造問題や、ご自身の経験も踏まえて「独立した個」として生きる気概について、『ファイナンス思考』著者の朝倉祐介さんが聞きました。(撮影:梅沢香織)

朝倉祐介さん(以下、朝倉) 「平成」の時代が終わろうとしていますが、「戦争がなくていい時代だった」と言われる一方で、経済や社会の活力の面でいくと「失われた30年」という言われ方もします。その要因として、財政問題や人口減少問題が語られますが、それ自体はずっと議論されてきたことでもはや新鮮味はない。それでも、いまだにそうした問題が今日的なテーマであり続けているということは、30年もかけて何もできなかったということなのか、と感じてしまいます。

黒川清さん(以下、黒川) グレイト・クエスチョンですね。平成を語るうえでは、大きなパラダイムの変化が二つあったと思います。一つは平成元年にベルリンの壁が崩壊した「冷戦構造の終焉」、二つ目に「インターネットの広がりの始まり」です。この二つによって、世界中のあらゆる情報がつながって、しかも変化のスピードが速くなった。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)