混迷の英EU離脱で「国民投票の再実施」が選択される可能性

混迷の英EU離脱で「国民投票の再実施」が選択される可能性

Photo:PIXTA

EU首脳会議が行われ、英国のEUからの離脱延期を決定し、3月29日に迫っていた「合理なき離脱(No-deal Brexit)をひとまず回避することができた、だが、テリーザ・メイ英首相が要請していた「6月末までの離脱案」をEUが却下し、その代わりに英国に「4月12日までに」離脱方針を決めることを求めた。

■採決の目途が立たないメイ首相のEU離脱協定案

 英国内の離脱議論の迷走にEU首脳は業を煮やしている。アンゲラ・メルケル独首相は「英国がどんな道を進んでいきたいのか明らかにする必要がある」と訴えた。ドナルド・トゥスクEU大統領は「英国の運命は英国人たちの手中にある」とし、「合意なき離脱」「長期延長」「ソフト・ブレグジットへの転換」「離脱の取り消し」と、「4月12日まではなんでもできる」と英国に呼び掛けた。

 だが、英国ではメイ首相の求心力が著しく低下している。メイ首相が、EUと合意して英議会に提示した離脱協定案は、今年1月と3月中旬の2回、大差で否決された。それでもメイ首相は3回目の採決を目指してきた。

 しかし英議会ではメイ首相の、EUとの離脱協定案を承認しないと離脱できなくなるという「脅し戦略」に対して、反発が強まっている。野党のジェレミー・コービン労働党党首が「EU側でもメイ首相を支持する人はいない」と批判しているだけではない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)