日本の医療界は、「家元」の跡継ぎ競争ばかり。「弟子」ではなく「次の世代」を育てるという欧米の気概に学ぶべき

日本の医療界は、「家元」の跡継ぎ競争ばかり。「弟子」ではなく「次の世代」を育てるという欧米の気概に学ぶべき

黒川清(くろかわ・きよし)
医学博士。政策研究大学院大学名誉教授
1969-84年在米中、米UCLA内科教授を経て、東京大学内科教授、東海大学医学部長、日本学術会議会長、内閣特別顧問、東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員長などを歴任。現在は政策研究大学院大学・東京大学名誉教授、日本医療政策機構代表理事を務める。www.kiyoshikurokawa.com

日本の医療界が「家元」の跡継ぎ競争に没頭している一方、欧米では、社会に対する責任として次世代を育成しようと言う意識が強い、特に医療現場では、患者さんや社会全体がそれを受け入れているとか。冷戦中に十余年にわたってアメリカに在住し、UCLAの内科教授も務めた黒川清さんに、アメリカにおける医師の評価基準や教育への姿勢、ひるがえって感じる日本の教育現場への問題意識などについて、『ファイナンス思考』著者の朝倉祐介さんが聞きました。(撮影:梅沢香織)

■評価が報酬にも直結するアメリカ医療界

朝倉祐介さん(以下、朝倉) UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)で内科教授も務められた黒川先生は肌で感じられたと思うのですが、アメリカでは、お医者さんに対する評価もかなり厳しいのでしょうか。

黒川清さん(以下、黒川) そうです。大学ポストの昇進、ほかの大学からのポストのオファー、関係学会のメンバー、クラブ会員などでも研究成果は常に評価されます。学会でのフェローの発表は自分の指導力が見られていますしね。臨床部門の医師の場合、臨床教育も大事な要素です。大学病院ではファカルティ・ステイタス(教員待遇)以上になると、ティーチング・ラウンド(教育を兼ねた回診)があります。15-20人程度の入院患者の主治医・責任者として1ヵ月間、シニア・ジュニアのレジデント(初期・後期の臨床研修医)とクラークシップの学生のチームを引き連れて、1ヵ月間、毎日3時間ほど自分の患者さんの回診するのです。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)