携帯キャリアの金融ビジネス参入!勝つのは「ドコモ」型か、「KDDI・ソフトバンク」型か?

携帯キャリアの金融ビジネス参入!勝つのは「ドコモ」型か、「KDDI・ソフトバンク」型か?

携帯電話キャリア3社の勝算は?

異業種による金融サービス参入を分析してきた本連載。この最終回では、有力な顧客基盤を武器とする携帯電話キャリアの取り組みを紹介していく。今や誰もが持っているスマホ(スマートフォン)を通じて、どのようなサービスを展開していくのだろうか。

■相次ぐ大手携帯電話キャリアによる金融ビジネス参入

 2019年2月12日、携帯電話キャリアのKDDIが金融総合サービスへの本格的な参入をあらためて表明した。

 「スマートマネー構想」として、三菱UFJグループ傘下のカブドットコム証券への49%出資や、じぶん銀行の連結子会社化、金融ビジネスの司令塔となる「auフィナンシャルホールディングス」の設立、各金融事業体のauブランドへの統一などを進めるという。

 「じぶん銀行の連結子会社化はまだしも、カブドットコム証券への出資はまったくの予想外」(金融業界関係者)と、KDDIの金融事業展開に向けた新たな戦略がマーケットに与えた驚きは大きい。

 同社はこれまでも、三菱UFJ銀行とのじぶん銀行の設立や、あいおいニッセイ同和損保とのau損害保険の設立、ライフネット生命への出資、大和証券と合弁でのKDDIアセットマネジメントの設立など、金融ビジネスに踏み込んだ布石を打ってきてはいた。今回の構想は、それら戦略資産を基盤として、金融サービスの世界観を総合的に構築し直すという、より強い意気込みの表れと感じられる。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)