日本企業が中国・タイ企業にASEAN進出で勝てない2つの理由



■ASEAN市場進出には現地パートナーが不可欠

 しかしながら、そのような有望市場が目の前にあるにもかかわらず、現地の情報を十分に取ることができず、一歩を踏み出せない企業は意外に多い。2015年末にASEAN経済共同体が発足し、域内の資本やモノがより自由かつ効率的に流れるようになってきている。一方で国ごとの経済格差は大きく、外資参入に対する規制水準は一様ではなく、また宗教に起因する商習慣・生活習慣の違いも存在する。当然、ユーロのような共通の通貨はない。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)