集中力を持続させて「効率的に働く」ためのちょっとしたコツ

集中力を持続させて「効率的に働く」ためのちょっとしたコツ

集中力を持続して効率よく仕事するには、ちょっとしたコツがあります(写真はイメージです) Photo:PIXTA

4月から「働き方改革関連法」が順次施行され、「効率的な働き方」が求められている。それには「いかに、集中力を持続させるか」ということが重要になるが、そのノウハウやコツについて紹介したい。(営業サポート・コンサルティング代表取締役、営業コンサルタント 菊原智明)

■「効率よく働く」にはちょっとした「ワザ」を知ること

 ここ最近、企業の一番の課題は「働き方改革」である。いわゆる「ブラックな勤務体系」から解放されるというメリットもあるが、「『自由に働けなくなる』というデメリットの方が大きい」という声も多い。

 とはいえ、4月から働き方改革法も徐々に施行され、その潮流は止められない。その波にうまく乗っている人はどんな人なのだろうか?具体的な実例や対処法を交えて紹介しよう。

 さて、「どんな時代でも平然と結果を出す人」と聞いて、どんなタイプの人を想像するだろうか?

「能力が高く仕事をどんどんこなしていく人」もしくは「タフで集中力が長く続く人」といったイメージを持つかもしれない。

 しかし、実際は必ずしもそうではない。

 パッと見は《えっ!この人が結果を出しているのか?》と疑問に思う人も少なくない。ただ、結果を出す人は「仕事を効率的にするためのワザ」をたくさん持っている。そのワザで「働き方改革」の波にうまく乗っているのだ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)