歯磨きしない子どもに 毎晩疲れているお母さんが ラクになれる小さな話

歯磨きしない子どもに 毎晩疲れているお母さんが ラクになれる小さな話

歯磨きはもちろん大切な習慣。でも……

子育て中の親の悩みが幸せに変わる「29の言葉」を紹介した新刊『子どもが幸せになることば』が、発売直後に連続重版が決まるなど、大きな注目を集めています。著者であり、4人の子を持つ田中茂樹氏は、20年、5000回以上の面接を通して子育ての悩みに寄り添い続けた医師・臨床心理士。

本記事では、「歯磨きをするかしないか」で毎晩子どもとバトルを繰り広げて疲れてしまっているお母さんお父さんが、少しラクになれるお話を、事例とともに紹介します。(構成:編集部/今野良介)

■「歯磨きしないなら、おやつ食べさせないぞ!」

3歳の息子さんと、そのお父さんは、毎晩バトルになっていました。

歯磨きをするかしないか、で。

そのお父さんは歯科検診に子どもを連れて行ったとき、待ち合い室のポスターに

「子どもの虫歯は親の責任です」

と、書かれていたのを見て、自分がしっかり磨かせないといけないんだ、と思ったようです。

息子さんは、歯磨きが特別嫌いでもなかったようですが、お父さんがしつこく言うからか、反発して「あとで!」と言ったり、まだ磨いていないのに「もう磨いたよ」と、ウソをついたりするようになっていったそうです。

はじめのうちは「歯磨きをしないのなら、もうおやつは食べさせないぞ!」などの“兵糧攻め”や、「歯磨きをするなら遊園地に連れて行くよ」などと“ご褒美で釣ったり”していました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)