手書きが結局、いちばん効果的。 真の効率性を生み出す究極のノート術

手書きが結局、いちばん効果的。 真の効率性を生み出す究極のノート術

福島槙子(ふくしま・まきこ)
文具プランナー。ウェブマガジン「毎日、文房具。」副編集長
ウェブ・SNSでの発信やTV・ラジオ・雑誌等のメディア出演を通して文具のある生活を企画・提案。ひとりひとりの暮らしやニーズに合った文具の選び方・楽しみ方のアドバイスを得意とする。 文具の魅力を体験できるワークショップの開催、文具のプロデュース、文具売り場の企画や商品開発コンサルティングなども行う。著者に『まいにち ねこ文具』(Pヴァイン)他。
公式サイト:https://makiko.info/
ウェブマガジン:毎日、文房具。

ここ数年、日本でも話題になっているバレットジャーナル。「箇条書き」を活かしたノート術が思考整理に役立つと、世界中で注目されている。だが、手書きによる記入や移動(書き写し)は面倒だという人も多いはず。しかし、一見非効率な作業のなかにこそ、真の効率性を考えるヒントがある。本連載では、発案者であるライダー・キャロル氏が書き下ろした初の公式ガイド『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』の刊行を記念して、著名なバレットジャーナル・ユーザーや専門家たちに寄稿してもらう。今回は、文具プランナーとして様々な商品開発にも携わる福島槙子氏が、バレットジャーナルの魅力とその効力について語る。

■本来の「バレットジャーナル」はシンプルで柔軟な究極のノート術

「バレットジャーナル」という言葉を私が初めて耳にしたのはいつだったろうか。たしか2017年の中頃だったように思う。TwitterやInstagramといったSNSで話題になっているノート術があると知り、それが「バレットジャーナル」と呼ばれるものだった。

 検索してみると、カリグラフィーやイラストを駆使して華やかに彩られたノートの画像がこれでもかと画面に表示され、正直なところ「自分にはあまり関係ないな」と思った記憶がある。

 そのころ日本では引き続き「文房具ブーム」と言われる状況が続いていて、手帳業界も活性化していた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)