ヒットを飛ばすも次々炎上する絵本作家の商法はどこがマズいのか

ヒットを飛ばすも次々炎上する絵本作家の商法はどこがマズいのか

ヒットを飛ばすも次々炎上する絵本作家の商法はどこがマズいのかの画像

「本が売れない」時代、のぶみさんはヒット作を飛ばす絵本作家だ。暴走族から絵本作家という経歴も注目され、「情熱大陸」など数々のメディアにも登場している。しかし一方で、出す作品がことごとくSNSで批判の対象になる炎上絵本作家としても知られている。今年2月から刊行中のキティ誕生45周年のコラボ絵本も現在炎上中。一体いつまで、のぶみさんは炎上を続けるのだろうか? 

■炎上商法で盛り上がる?絵本作家のぶみさん

 のぶみさんを絵本作家として一躍有名にしたのは『ママがおばけになっちゃった!』(講談社)だろう。2015年7月に発売され、初版は4000部だったが、1年後には続編と合わせシリーズ累計53万部という売れ行きで、業界の注目が集まった。異例ともいえる売れ方だが、母親の死をテーマにした内容は賛否が分かれ、感動の「迷作」絵本としてSNSなどで炎上した。

 その後も頻繁に、新刊を中心に批判的な声が上がり続け、『はたらきママとほいくえんちゃん』(WAVE出版)は、働く母親を理解していないと炎上した。

 また、サンリオのキャラクター「ハローキティ」の誕生45周年を記念して、2019年2月からのぶみさんがコラボで作った「ハローキティのえほん」シリーズ(講談社)が現在刊行中だが、既刊の『まけずぎらいキティ』(2月)、『おひめさまキティ』(3月)では、行動や言葉遣いがあまりにも乱暴で、「子どもには読ませたくない」「今までのキティのイメージが崩れた」と批判の嵐。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)