「パワハラ!」と言われない、新入社員・部下の正しい叱り方

「パワハラ!」と言われない、新入社員・部下の正しい叱り方

パワハラと言わせない正しい叱り方とは?(写真はイメージです) Photo:PIXTA

■部下を叱れない理由

 最近、部下を叱れないと悩む上司が増えています。実際、日本アンガ―マネジメント協会でも叱り方に関する研修の依頼がここのところ急増しています。コンプライアンスなどがしっかりしている企業ほど、その傾向が強まるように見えます。つまり、パワハラなどについて研修を受けたり、意識が高まるなかで、叱ってはいけない、叱るとパワハラになってしまうのではないかという誤解が広まっていることに大きな原因があると考えられます。

 一方で、最近の若い人は叱られ慣れていないと言う人も多いです。確かに日本の教育はこの20年くらいの間、褒めて伸ばす、叱らずに教育することが正しいというような風潮があったと言えるでしょう。学校ではなるべく子どもを叱らないという方針の下、教育が行われてきた結果、社会人になった頃には極端に叱られ慣れていない状態になっていたとしても不思議ではありません。

 社会人として仕事を始めれば、どうやったとしても叱られることはついてまわります。時には理不尽に叱られることだってあるでしょう。叱られることも仕事の一部だと割り切れても、いざ叱られるとやる気をなくしてしまう、ひどい場合には辞めてしまう。上司もこうしたことを恐れて、叱れないという状況になってしまっています。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)