低賃金労働者の「給与」は生活保護なみ、平均値では見えない日本経済の実像

低賃金労働者の「給与」は生活保護なみ、平均値では見えない日本経済の実像

写真はイメージです Photo:PIXTA

日本の賃金が上昇しない原因は、低賃金部門で減量経営が行なわれ、そこから放出される労働力が他部門で低賃金労働になることだ。

 では、低賃金部門の実態はどうなっているか?

 企業を規模別、業種別に見ると、給与水準には極めて大きな差がある。中には生活保護の水準に近い低賃金もある。

 これが、平均値だけでは分からない日本経済の実像だ。

■大企業ほど給与が高い全産業で零細企業の1.7倍

 実態を探るために、法人企業統計における「1人当たり人件費」を分析してみる。

 これは給与に相当すると考えられるので、以下では、「1人当たり人件費」を「給与水準」と呼ぶ場合もある。

 この値は、業種や企業規模によって大きく異なる。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)