チームの「関係の質」が自然に高まる2つの仕組み

チームの「関係の質」が自然に高まる2つの仕組み

チームの「関係の質」が自然に高まる2つの仕組みの画像

2019年4月に罰則つき残業規制がスタートして、「働き方改革」は喫緊の課題となっている。そんななか、プレッシャーが増しているのがプレイングマネジャー。個人目標とチーム目標を課せられるうえに、上層部からは「残業削減」を求められ、現場からは「仕事は増えてるのに…」と反発を受ける。そこで、1000社を超える企業で「残業削減」「残業ゼロ」を実現してきた小室淑恵さんに『プレイングマネジャー 「残業ゼロ」の仕事術』をまとめていただいた。本連載では、本書のなかから、プレイングマネジャーが、自分もチームも疲弊せずに成果をあげるノウハウをお伝えしていく。

■「感謝」を伝え合う機会を増やす

 現在、多くの会社で「働き方改革」が進められています。それ自体は素晴らしいことなのですが、少し懸念していることもあります。というのは、残業を減らすために一定時刻に消灯したり、社屋から退去させようとする企業も散見されるからです。

 しかし、こうした社員の自発性・主体性に基づかない「働き方改革」は長続きしません。むしろ、社内をギスギスとした雰囲気にして、生産性を落とす結果を招きがちです。それよりも重要なのは、本連載でも繰り返しお伝えしてきたように、社内・職場の「関係の質」を高めることなのです(連載第8回)。

 お互いの意見を遠慮なく出し合うことによって「集合知」を生み出すためにも、お互いに協力し合って業務を効率的に処理するためにも、毎朝出社するのが楽しみになるような「関係の質」を築き上げることが最も重要なのです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)