バブル期の新幹線通勤ブームで「2階建て」も登場、当時の車両はいま…

バブル期の新幹線通勤ブームで「2階建て」も登場、当時の車両はいま…

1980年、通勤定期券に自由席特急券を組み合わせて「こだま」に乗れるようになったことが契機となって、バブル期にかけて新幹線通勤が大きく伸びた 写真:読売新聞/アフロ

地価が異常なペースで上がり、サラリーマンが都心に家を持つのが厳しかったバブル期は、新幹線通勤ブームが起きた時代でもあった。結果、新幹線にも起きた「通勤ラッシュ」問題に対処すべく、JR各社は定員を増やすための車両開発に注力していた時代でもある。(鉄道ジャーナリスト 枝久保達也)

■片道90分以上の人が激増!バブル期の通勤事情

 平成とは土地に翻弄され続けた時代だった。バブルの最盛期、東京23区の地価の合計はアメリカ合衆国全土のそれを上回っていた。今から振り返ればどう考えてもおかしな話であるが、1987(昭和62)年に安田火災海上保険(当時)がゴッホの「ひまわり」を50億円で落札、1989(平成元)年には三菱地所がニューヨークのロックフェラー・センターを2000億円で、ソニーがコロンビア・ピクチャーズを約5000億円で買収するなど、我が世の春を謳歌した日本経済がこのまま成長すれば、土地需要は高まり続けると信じられていたのである。

 土地バブルを支えたのが、不動産は絶対に値下がりしないという「土地神話」だ。東京都の人口は1955(昭和30)年に約800万人だったが、高度経済成長とともに地方から人口流入が続き、1958(昭和33)年には900万人、1962(昭和37)年には1000万人、1967(昭和42)年には1100万人を突破した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)