プロ野球・Jリーグへ多くの選手を送り込んでいる「大学」はどこか

プロ野球・Jリーグへ多くの選手を送り込んでいる「大学」はどこか

東洋大卒のプロ野球ルーキーたち、左から中日・梅津晃大、DeNA・上茶谷大河、ソフトバンク・甲斐野央 写真:日刊スポーツ/アフロ

■プロ野球界で好スタート「大卒の」新人たち

 新年度が始まって3週間あまりが経った。新入社員たちは職場に慣れることと仕事を覚えるのに精一杯の時期だろう。

 だが、プロスポーツでは、すでに戦力として認められ、結果を出している新人がいる。プロ野球ではソフトバンクの甲斐野央投手(東洋大出身)。開幕試合の西武戦、4−4の同点で迎えた延長10回表にプロ初登板の機会が巡ってきた。開幕戦勝利がかかった緊迫した場面のうえ、迎えたのは西武が誇る主軸、山川穂高、森友哉、外崎修汰。新人には荷が重い状況だが、甲斐野は臆することなく真っ向勝負を挑み3者三振に封じた。11回も2三振を奪って無失点。その裏、デスパイネのサヨナラ打が出て勝利投手になった。

 新人投手の開幕戦勝利はソフトバンクでは11年ぶり。サヨナラ打が出るというツキもあったが、そのツキを呼び込んだのは厳しい場面にも動ぜず、自分の投球ができる新人らしからぬ強い気持ちがあったからだ。甲斐野はその後も中継ぎとして8試合に登板。安定した投球で無失点を継続し、6ホールドを記録している(4月21日現在、以下同)。

 巨人の新人サウスポー高橋優貴投手(八戸学院大出身)もプロ初登板で快挙を成し遂げた。開幕から6試合目の阪神戦(4月4日)に先発し、6回4安打1失点。味方の大量援護にも恵まれ勝利投手になった。大卒新人の初登板初勝利は巨人では59年ぶりの記録だ。2度目の先発登板となった17日の広島戦も5回3分の1を1失点と好投。リリーフが打たれて連勝は逃したが、この安定感があれば、今後も先発ローテーションの一角を担うことになるはずだ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)