中国人が日本の新元号に異常なまでの関心を持つ理由

中国人が日本の新元号に異常なまでの関心を持つ理由

Photo:PIXTA

日本の新元号「令和」施行について、中国ではまるで自国のことのように関心を示す人が少なくない。なぜ、中国の人々は日本の元号に注目し、関心を持つのだろうか。(ジャーナリスト 中島 恵)

■日本の改元をわが事のように盛り上がる

「今年の5月1日はちょうど中国も休日なので、朝からインターネットで日本の新元号に関する特別番組を見る予定です!」

 先日、大連在住の女性とウィーチャット(中国のSNS)でやりとりした際、彼女はウキウキした様子でこんな返信を送ってくれた。

 新元号「令和」の施行まであと数日。日本では「歴史的な一日」を前にさまざまな準備が進められているが、お隣の中国でも、なぜか日本の改元をまるでわが事のように気に留めて、ソワソワしている人が少なくない。

 5月1日は中国では労働節(メーデー)の祝日。この日からちょうど4連休となるため、旅行に出かける人も多いが、私がチェックしたSNSの中には「歴史的瞬間をこの目で見るために、いざ東京へ!」などという書き込みをする日本マニア(?)もいて、一部の人はやけに盛り上がっているようなのだ。

 中国人も日本の新元号にそんなに注目しているのか――。

 私がそう感じたのは4月1日のことだった。菅義偉官房長官による発表が行われたのは午前11時40分過ぎだったが、それから数分も経たないうちに、中国共産党機関紙「人民日報」でも「日本の新元号」に関する発表があった。中国の主要紙である「環球時報」などいくつもの媒体でも、同じような報道が続き、日本のメディアとほとんど変わらないほどの素早さだった。また、マスコミの報道を追いかける形で、個人がSNSに投稿する文章が目に飛び込んできた。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)