新NISAでよくある「10の誤解」…知らずに運用は大損のモト

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 新たなNISA制度である新NISAには、積立て投資枠と成長投資枠の2つの枠があり、それぞれ年間120万円と240万円の上限がある。
  • 積立て投資枠では年2回以上の積立てでOKであり、毎月積立る必要はない。給与所得者は給料から毎月積立ることが資金管理の視点から好ましい。
  • また、成長投資枠を使っても積立型商品を選ぶことができ、年間投資限度額360万円の全額を積立型に使うことも可能である。誤解を拾って正しく新NISAを運用する必要がある。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

新NISAでよくある「10の誤解」…知らずに運用は大損のモト

写真はイメージです Photo:PIXTA

2024年から始まる新しいNISA(少額投資非課税制度)について、私のところに寄せられる様々な人からの質問を見ていると、案外、多くの誤解があるようです。そこで、よくある新NISAに関する誤解について、あらためて10項目を挙げて解説していきます。(確定拠出年金アナリスト 大江加代)

■新NISAにまつわる「10の誤解」知らずに放置は大損のモト

【誤解1】
 積み立て投資は年間120万円しかできない

 新NISAでは、「つみたて投資枠」と「成長投資枠」の2つが設けられ、前者の利用限度額が年間120万円となります。これを見て、「積み立て投資が年間120万円しかできないのか?」と思う人が多いようなのですが、これは勘違いです。

 つみたて投資枠は年間120万円ですが、成長投資枠を使って積み立てをしても構いません。ですから、年間投資可能額の360万円をすべて積み立て投資に使ってもいいのです。

【誤解2】
つみたて投資枠での投資は、毎月積み立てないといけない

 そんなことはありません。最低、年2回積み立てればOKです。これは現在のつみたてNISAでも同じです。したがって毎月ではなく、年2回のボーナス時期だけの積み立てということも可能です。

 買い付けるタイミングの分散ということで毎日積み立てができる金融機関もありますが、日本経済新聞の編集委員である田村正之さんの分析によると、2022年末までの過去10年間では毎日と毎月の買い付けで運用結果は大差がないとのことです。

 給与所得者であれば、給料の中から毎月積み立てていくのが資金フローと合っていると思われ、利用しやすいのではないでしょうか。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?