パナが電動アシスト自転車のシェアリングに後発でも参入する理由

パナが電動アシスト自転車のシェアリングに後発でも参入する理由

シェアリングの実証実験に使われるIoT電動アシスト自転車 Photo by Masataka Tsuchimoto

家電や住宅設備で進むモノのインターネット化(IoT)の波は遂に自転車にも――。

 電動アシスト自転車最大手のパナソニックが、IoT電動アシスト自転車を開発し、5月20日からシェアリングサービスの実証実験を始める。10月ごろからは本格的なサービス展開に乗り出す。

「自転車業界のリーディングカンパニーになる」

 実証実験を始める横浜市で、パナソニック子会社のパナソニックサイクルテック、野中達行社長は意気込んだ。

 自社開発したIoTユニットを自社の電動アシスト自転車に搭載。利用者は自身のスマートフォンを使って、解錠や利用料金の決済ができる。横浜市内の4カ所に30台を設置し、モニター会員は近隣の慶應義塾大学生や住民など100人。パナは走行距離、バッテリー残量など自転車に関する様々なデータを取得でき、今後の課金システム策定などに活用する。実証実験に使う自転車はベーシックなタイプだが、将来的には1台30万〜40万円もする自社のスポーツバイクや子育てモデルなどへ車種を拡大する計画だ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)