「痛い結婚式」事例集、意識高すぎる新郎・新婦の元カレが嫌がらせ…

しかし一応プランナーといったプロの意見を参考にしながら、ある程度の様式に従って式次第を組んでいくので、どの結婚式も最終的にはそれなりの仕上がりとなる。

 だがプランナーにとっては新郎新婦もお客様であり、新郎新婦が「お色直しのあとに全裸で出てきて皆を驚かせたい」と強硬に主張すれば、プランナーにそれを止める手だてはないのである。かくして新郎新婦の暴走が完成し、参列者は2〜3時間の間ひたすらそれに付き合わされる格好となる。

 さらに結婚式はイベントごとであり、イベントは“生き物”であるからしてハプニングも付き物である。万事滞りなく執り行われるのが最良とされる結婚式という行事において、1つのハプニングが全体の印象をめちゃくちゃにぶち壊すこともあり得る。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)