世界リレー選手権で「意外な国」が大活躍できた理由

世界リレー選手権で「意外な国」が大活躍できた理由

男子1600メートルリレー決勝で4位に入った(左から)ウォルシュ・ジュリアン、佐藤拳太郎、北谷直輝、若林康太 Photo:JIJI

■日本のリレーは世界レベル男女混合種目ではメダル獲得も

 先週末に横浜国際競技場で行われた世界リレー大会(IAAF World Relays)は改めて「かけっこ」の面白さを実感させてくれた。

 学校や町内で行われる運動会でも一番盛り上がるのはリレーだ。そのためプログラムでも最後に組まれることが多く、リレーのメンバーに選ばれた選手はチームの勝利のために全力を尽くす。

 世界リレーの場合はそれが国の代表だ。各国の国内大会を勝ち抜いたスプリンターたちが国の名誉を背負って出場するわけで、スピードが世界最高レベルであることはもちろん、真剣度もマックス。それを示すようにレースでは全員が必死の形相で走っていた。最高峰のガチンコ勝負が見られるのが世界リレーの魅力といえるだろう。

 注目の日本勢は、メダルが期待された男子4×100mが予選でバトンミスを犯して失格になってしまったが、4×400mではウォルシュ・ジュリアン、佐藤拳太郎、北谷直輝、若林康太が健闘し、4位に入賞した。

 また、世界リレーならではの種目でも日本勢は好結果を残した。4×200mは男女とも決勝に進出し、女子は4位、男子は5位に。しかも、山田美来、三宅奈緒香、兒玉芽生、青野朱李の4人が攻めの走りをした女子では、日本記録更新という収穫もあった

 男女各1人が400mを交互に2度走る2×2×400mリレーでは、男子のクレイ・アーロン竜波と女子の塩見綾乃が力走を見せて銅メダル。男女2人ずつがハードルのリレーをする混合シャトル障害リレーは参加が4ヵ国ではあったが、2位に入り銀メダルを獲得した。

 これらは五輪種目ではないものの、世界のトップと対等に戦えたという点で選手たちには自信になっただろう。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)