「世界レベル」の育児書があふれる中で 逆張りの本を書いた理由

「世界レベル」の育児書があふれる中で 逆張りの本を書いた理由

あなたの街の書店さん、「育児書コーナー」はどうなっていますか?

子育て中の親の悩みが幸せに変わる「29の言葉」を紹介した新刊『子どもが幸せになることば』が、発売直後に連続重版が決まり、大きな注目を集めています。著者であり、4人の子を持つ田中茂樹氏は、20年、5000回以上の面接を通して子育ての悩みに寄り添い続けた医師・臨床心理士。

本記事では、本書が生まれたきっかけをお伝えします。(構成:編集部/今野良介)

■「世界レベル」の子育て本があふれる中で

ある若いお父さんが、私に話してくれたことです。彼には3歳の娘さんがいます。

娘の絵本を買おうと立ち寄った書店でのこと。絵本コーナーの近くに育児本のコーナーがあり、そこに平積みされたたくさんの本のタイトルや帯の言葉、表紙の写真に圧倒されたと言います。

「びっくりしました。最近の子育て本はまるでビジネス書というか、それ以上ですね。マッチョ感と言いますか、親を急かすかのような上昇志向であふれていました。太いゴシック体で『最高』『最強』『頭が良くなる』などの言葉のオンパレード。外国人の子どもの写真、みっちり入った帯の宣伝文句。正直、私は親として、この棚の前で、息が詰まりました」

父親としての彼の直感に、私も深く同意します。

世界レベルの子育てやIQを高める子育てなど、いかめしい、はなばなしい言葉の意味するところは、そのような「方法」を使って親が子どもを導けば、「高い水準」に子どもをもっていけますよ、ということだと思います。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)