糖質制限を導入した学習塾で子どもの成績アップも 血糖値が安定して集中力高まる

糖質制限を導入した学習塾で子どもの成績アップも 血糖値が安定して集中力高まる

記事まとめ

  • 北九州の学習塾・三島塾では塾長が糖質制限で糖尿病を克服し、塾生にも糖質制限を指導
  • 糖質は糖新生という働きで作り出せるため、乳幼児以外は食事で摂らなくても良いという
  • 塾の子どもたちは血糖値が安定し居眠りがなくなる、偏差値が上がるなどの効果が出た

子どもが糖質制限で成績アップ

子どもが糖質制限で成績アップ

子どもが糖質制限で成績アップの画像

まるで“浮き輪”のようなお腹まわり・・・このポッコリお腹をなんとか凹ませたい。
でも、「あんまり頑張らずに」ってのが人情ですよね。
運動すれば痩せるのはわかってる。
けれど、それができない。やりたくないんですよね。
わかってます、わかってますとも!
その体脂肪、運動ナシでも落とせる方法を教えましょう。

 前回に引き続き、もうちょっと子どもの糖質制限について話をしましょう。というのも、子どもが糖質制限をしても「本当に大丈夫なのか?」「効果があるのか?」と心配な人が多いと思うからです。

 そうした心配を払拭するうえで参考になるのは、北九州の学習塾「三島塾」の実例です。
 塾長の三島学さんは、ご自身が糖質制限を実践して糖尿病を克服しました。
 その効果を実体験したことを踏まえて、塾に通ってくる保護者と子どもに糖質制限を指導しています。

 きっかけは、糖質制限を始めて驚くほど元気になった三島さんを間近で見ていた塾生から、「先生の糖質制限を自分たちにも教えてほしい」と頼まれたことでした。
 そこで三島さんは、子どもが大好きなお菓子、ジュースはもちろん、ご飯、パン、麺類といった主食を極力食べないように指導しました。大人の糖質制限と同じことです。
 その代わりに肉、魚、卵、チーズ、バター、野菜など、糖質制限的にOKな食材をたくさん食べるように指導したのです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)