職場の生産性を劇的に上げる「業務マニュアル」の秘密とは?

職場の生産性を劇的に上げる「業務マニュアル」の秘密とは?

職場の生産性を劇的に上げる「業務マニュアル」の秘密とは?の画像

2019年4月に罰則つき残業規制がスタートすることもあり、「働き方改革」は喫緊の課題となっている。そんななか、プレッシャーが増しているのがプレイングマネジャー。個人目標とチーム目標を課せられるうえに、上層部からは「残業削減」を求められ、現場からは「仕事は増えてるのに…」と反発を受ける。そこで、1000社を超える企業で「残業削減」「残業ゼロ」を実現してきた小室淑恵さんに『プレイングマネジャー 「残業ゼロ」の仕事術』をまとめていただいた。本連載では、本書のなかから、プレイングマネジャーが、自分もチームも疲弊せずに成果をあげるノウハウをお伝えしていく。

■定型業務は徹底的に「マニュアル化」する

 チーム内の業務のマニュアル化は、職場の効率化に大きな力を発揮します。
 定型的な業務をマニュアル化しておけば、その業務が発生したときに、誰でも手順に沿ってスムーズに対応することができます。途中でいちいち判断に迷うことも減りますし、手順を間違えてリカバリーにムダな時間を使う必要もなくなるでしょう。

 また、担当者が急病などで休まざるをえなくなったときも、他のメンバーがサポートすることが容易になりますし、その日に入った新人でもその業務を担当できるようになるので、「業務の属人化」(詳しくは連載第22回)を避けることにもつながります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)