「日本人は集団主義」という大いなる誤解

日本人、その集団である日本企業は、このように批判されてきた。同質的、閉鎖的、横並び志向、村社会、会社人間、没個性、出る杭は打たれる――。
他方、このように称賛されてきた。協調的、利他的、強い絆、結束力がある、チームワークを大切にする、帰属意識が高い、和をもって貴しとなす――。
よくも悪くも、以上のような「集団主義的」な特徴こそ、日本人、日本企業の基本特性である。そう信じられてきたし、いまもそう考えられている。何しろ企業不祥事が起こると、アメリカ人は自分の利益のために不正を犯すが、日本人は組織のために不正を犯す、とすらいわれる。
『「集団主義」という錯覚』(新曜社)を著した認知心理学者の高野陽太郎氏は、こうした「日本人イコール集団主義論」という定説を真っ向から否定する。高野氏は、日本人論(時には日本学ともいわれる)の著作や論文の「もっともらしさ」に疑いのメスを入れる。同時に、日本とアメリカの比較研究を知りうる限り検証し、日本人イコール集団主義論という定説は事実ではない、と結論する(その詳細については先の著作を一読されたい)。
我々は、白か黒かの二元論を選好しやすく、原因をもっぱら内的要因に求めたり、自分の仮説を支持してくれそうな状況証拠を集めたり、ステレオタイプを鵜呑みにしたりといったバイアスに陥りやすい。高野氏によれば、日本人イコール集団主義論の原因は我々に巣食っている思考の癖や偏見にあり、多くの歴史が物語っているように、こうした偏った思考やステレオタイプは、時にはジェノサイドのような残虐な行為すら引き起こすという。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)