キャッシュレス時代に、デビットカードが「オトク」な理由

キャッシュレス時代に、デビットカードが「オトク」な理由

デビットカードは代金が銀行の預金口座から直接引き落としされるので、家計管理がしやすい。みなさんは普段、買い物をする時、デビットカードを使っているだろうか(写真はイメージです) Photo:PIXTA

デビットカードが登場して約20年が経つ。これまでのデビットカードはクレジットカードと比べると、消費者への還元メリットが低かったため、利用者の減少傾向が続いていた。ところが今話題のキャッシュレスの動きと関連し、デビットカードにも新たな波が起きている。そこで今回は、デビットカードのメリットと利用法について述べたいと思う。(消費経済ジャーナリスト 松崎のり子)

 秋の消費増税が近づくにつれ、「キャッシュレス」という言葉を聞かない日はないが、もっぱら話題になるのはスマホ決済アプリばかりだ。しかしそれは、日本のキャッシュレスの実態とは少し異なっている。

 2018年の日銀の決済システムレポートによれば、わが国のキャッシュレス決済金額の9割はクレジットカードが占め、次いで電子マネー、デビットカードが続く。高額の買い物やネット通販の決済に利用されることが多いのも、クレジットカードがトップにくる要因だろう。

 ところが世界に目を向けると、意外にも別の景色が見えてくる。イギリス、フランス、ベルギー、ドイツ、ロシアなどのヨーロッパ諸国では、クレジットカードよりもデビットカードのほうが、決済に使われている比率が高いのだ。日本クレジット協会の「日本のクレジット統計2017年版」によると、イギリスは56.6%、ロシアは50.6%、ベルギーは37.0%がデビットカードによる決済だという。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)