アルミサッシを使い続ける日本は、“住宅後進国”だ

アルミサッシを使い続ける日本は、“住宅後進国”だ

島原万丈(しまはら・まんじょう)
株式会社LIFULL LIFULL HOME’S総研 所長
1989年株式会社リクルート入社。グループ内外のクライアントのマーケティングリサーチおよびマーケティング戦略策定に携わる。2005年よりリクルート住宅総研へ移り、ユーザー目線での住宅市場の調査研究と提言活動に従事。2013年3月リクルートを退社、同年7月株式会社LIFULL(旧株式会社ネクスト)でLIFULL HOME’S総研所長に就任し、2014年『STOCK & RENOVATION 2014』、2015年『Sensuous City [官能都市]』、2017年『寛容社会 多文化共生のための〈住〉ができること』、2018年『住宅幸福論Episode1 住まいの幸福を疑え』、2019年『住宅幸福論Episode2 幸福の国の住まい方』を発表。主な著書に『本当に住んで幸せな街 全国官能都市ランキング』(光文社新書)がある。

“働き方、生き方と同じように、暮らし方も「ありモノに合わせる」「世間一般のもので我慢する」のではなく、自分の希望に合わせて作りかえればかたづきも良くなり、本当にラクに暮らせます。”

社会派ブロガーとして人気を博すちきりんさんの最新作『徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと』の一説だ。築20年余りの自宅をリノベーションした様子を、業者の見積もり、助成金申請、工事の過程に至るまで、まさに“徹底的に”書き尽くした一冊となっている。

発刊を記念し、日本の住まいの未来を考えるLIFULL HOME'S総研所長であり、一般社団法人リノベーション住宅推進協議会(現・リノベーション協議会)の設立発起人でもある島原万丈氏を迎えての対談がかなった。住まい事情を知るプロフェッショナルに、ちきりんさんが果敢に体験知を交えて切り込んでいく時間となった。だからこそ、話題は単なる「リノベあるある」に留まらない。現代の日本が「住」に抱える、病理のような問題点も次々に浮かび上がっていく。

もし、これからリノベーションをする、あるいはマンションを買おうとしているなら、この全5回の対談を目を通してからでも遅くない。あなたのプランは、きっと大きく書き換わるはずだ。
(構成/長谷川賢人 写真/疋田千里)


■「リノベーションの本当の価値」を書きたかった

島原万丈(以下、島原)リノベーションの本をちきりんさんが出されたのは意外でした。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)