「IKEAのキッチン」は、なぜリノベの現場で売れないのか?

問屋に「弊社の今期の新製品です」とアピールしたい。

ちきりん イノベーションのジレンマの営業版ですね。家電も同じ。すごく細かいところをちょっとだけ変えて「新製品です!」って言う売り方しか思いつかない業界が多い。

島原 でも、そんなに細かい改善をした高機能なキッチンを消費者が求めているのか、というと、必ずしもそうではない。「あれば便利」くらいで。

ちきりん 専門業者の施工の要らない商品だったら、今頃はIKEAやニトリに高いシェアを奪われているはず。彼らはBtoCなので、常に消費者目線だから。でも配送から施工まで、業界慣行が参入障壁になっててなかなか難しい。個人的には、ニトリはそこもわかってて、乗り越えてくるんじゃないかと期待してますけど。

島原 フローリングも、新製品の発表会を毎年行って、マーケティングで言うところの「陳腐化戦略」をどんどん取り、アップデートしているんですよ。

ちきりん 床材まで毎年、新商品がでるんですか!

島原 でも、消費者って、フローリングを毎年買い替えるわけじゃない(笑)。だから、消費者に対する陳腐化戦略なんて全く意味がない。

ちきりん 確かに……。

島原 だけど、問屋は毎年新しいものを仕入れて売るので、陳腐化戦略が効くんですよね。

関連記事(外部サイト)