「脂質」の正しいとり方

「脂質」の正しいとり方

「脂質」の正しいとり方の画像

まるで“浮き輪”のようなお腹まわり・・・このポッコリお腹をなんとか凹ませたい。
でも、「あんまり頑張らずに」ってのが人情ですよね。
運動すれば痩せるのはわかってる。
けれど、それができない。やりたくないんですよね。
わかってます、わかってますとも!
その体脂肪、運動ナシでも落とせる方法を教えましょう。

脂質は、全身に37兆個もあるとされる細胞を包んでいる細胞膜、左右の腎臓の上にある副腎から分泌するステロイドホルモンなどの原料としても重要です。

脂質のなかでもα‐リノレン酸は体内で自ら作れないため、食事から摂取するべき必須脂肪酸です(サラダ油や加工食品などに多く含まれるリノール酸も必須脂肪酸ですが、こちらは摂りすぎによる弊害が心配されます)。

健康食品のCMでよく見聞きするEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)は、体内でα‐リノレン酸から作られますが、人体では必要量を満たすのが難しいので、必須脂肪酸に準じた扱いを受けています。

α‐リノレン酸はエゴマ(シソ)油、アマニ油、EPAとDHAはイワシ、サバ、アジ、サンマなどの青魚、マグロなどに多く含まれています。

植物油は糖質ゼロです。
摂りすぎによる弊害が心配されるリノール酸の多いサラダ油はなるべく避けて、調理には少々割高でもエゴマ(シソ)油やオリーブオイル(未精製のエキストラヴァージン)を使うようにしましょう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)