内臓脂肪をストンと落とす おかずやデザートの正しい食べ方

内臓脂肪をストンと落とす おかずやデザートの正しい食べ方

内臓脂肪をストンと落とす おかずやデザートの正しい食べ方の画像

まるで“浮き輪”のようなお腹まわり・・・このポッコリお腹をなんとか凹ませたい。
でも、「あんまり頑張らずに」ってのが人情ですよね。
運動すれば痩せるのはわかってる。
けれど、それができない。やりたくないんですよね。
わかってます、わかってますとも!
その体脂肪、運動ナシでも落とせる方法を教えましょう。

 糖質制限をする分、肉や魚以外にも、サブのおかず(副菜)となる野菜、海藻類、キノコ類などを鍋や鉄板焼き、野菜炒めなどにして増やしましょう。
 野菜は全体的に糖質が少なめで、ビタミン、ミネラル、食物繊維、フィトケミカルなどの有益な栄養素を含んでいます。
 フィトケミカルとは、有害な活性酸素に対する抗酸化作用など、有益な働きを持つ植物性成分の総称です。
 厚生労働省では1日350g以上の野菜を摂ることをすすめています。

 野菜のなかでも糖質が少ないのは、
●キャベツ、白菜、ホウレンソウ、小松菜、ケール、モロヘイヤなどの葉物野菜
●ブロッコリー、トマト、ピーマン、パプリカなども糖質が少なめ

 野菜でも糖質が多めなのは、
●レンコン、ニンジン、ユリ根などの根菜
●カボチャ、ソラマメ
 これらはあまり食べすぎないように注意しましょう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)