「中高一貫校」6年間で本当に子どもの学力を伸ばして「早慶上理」に入れた学校ランキング

「中高一貫校」6年間で本当に子どもの学力を伸ばして「早慶上理」に入れた学校ランキング

帰国生率も高く、「慶應義塾」に強い頌栄女子学院が1位に

中高一貫校で6年間学んで、子どもの学力はどれほど伸びるのか。その疑問に対する答えはもっぱら大学合格実績で語られてきた。難関校ほど難関大学の合格者が多いことは容易に想像できる。むしろ知りたいのは、入学時の難易度(偏差値)よりも卒業時の実力(偏差値)がどのくらい伸びているかだろう。今回、森上教育研究所からデータ提供を受けて、「早慶上理」の合格実績から見た「6年間の学力の伸び」をランキングにしてみた。(ダイヤモンド・セレクト編集部)

■6年間の学力の伸びを算出する試み 

 以前、『中学受験 入りやすくてお得な学校』(ダイヤモンド社)という著書で、森上展安・森上教育研究所代表は、入学時の偏差値に比べて、難関国立大や早慶上理(早稲田・慶應義塾・上智・東京理科)、GMARCH(学習院・明治・青山学院・立教・中央・法政)といった人気大学への合格実績を上げている中高一貫校はどこか、毎回取り上げてきた。

 中学受験では、御三家と称されるような伝統的な難関校が君臨する一方で、創意工夫を凝らした新興校が新しいコンセプトを掲げて、受験生の親の支持を得るという「下克上」が比較的起こりやすい。この点が、偏差値の順位が10年単位で見てもそれほど動かない大学との大きな違いであり、何よりも子どもの学力を中高の6年間でしっかり伸ばしてくれることが最大の評価対象となる実態を示していた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)