「超高額薬」登場の一方で医療費には削減圧力、製薬業界の恨み節

「超高額薬」登場の一方で医療費には削減圧力、製薬業界の恨み節

ノバルティスの「キムリア」  写真提供:ノバルティス ファーマ

短期間の治療で驚くほど病状が改善することもあるが、驚くほど高額――。

 スイス製薬大手ノバルティスのがん治療薬「キムリア」(写真)など革新的だが高額な治療薬が相次いで登場し、製薬業界は異次元のフェーズを迎えている(表参照)。

「新しい治療の時代に入った」とノバルティスのオンコロジー(がん)ジャパンのプレジデント、ブライアン・グラッツデン氏(『1回の治療で3349万円、「超高額薬」のノバ社幹部に聞く薬価問題』)」の鼻息は荒い。イノベーションによって製薬業界が活気付いている。ただ、同時に外部から薬価高騰へ批判が巻き起こり、関係者の表情はさまざまだ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)