アパホテルが五輪後の「供給過多」を怖れず拡大戦略に走る理由

アパホテルが五輪後の「供給過多」を怖れず拡大戦略に走る理由

アパ過剰怖れず拡大戦略の訳

アパホテルが五輪後の「供給過多」を怖れず拡大戦略に走る理由

Photo by Kazutoshi Sumitomo

創業以来48年間黒字を続けるアパグループ。2020年に開催が予定されている東京オリンピック後、ホテルが供給過剰になるオーバーホテル現象も懸念されるが、「そんな時こそ絶好のチャンス」と変わらぬ拡大路線を続ける考えだ。自信の裏には売上高経常利益率約30%という、驚異的な収益力がある。(アパホテル社長 元谷芙美子)

■オーバーホテル現象はピンチではなくチャンスである

 このところ、訪日観光客需要の拡大を見込んで日本全国で多くのホテルが開業し、都市部を中心としたホテルの供給過剰、つまりオーバーホテル現象が懸念されている。東京オリンピックが開催される2020年までに、日本全国の客室数はさらに増加するだろう。供給過多になることも予想され、「拡大戦略を続けるアパホテルは大丈夫か?」という懸念の声も聞こえてくる。

 確かに、オーバーホテル現象は起きるだろう。オリンピックの開催が決まった時点である程度、予測できていたことだ。それどころか、アパホテルの本社がある東京の赤坂かいわいなどは、今まさにオーバーホテルになっている。

 ただ、私はこれをあまり心配していない。一時的なことだと予想しているからだ。東京オリンピック開催後、約1年間は厳しい状況が続くだろう。そのなかで、経営に行き詰まるホテルも当然、出てくるに違いない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)