武田薬品工業が「ホワイト企業認定」返納へ お粗末な一部始終の内部資料を入手

武田薬品工業が「ホワイト企業認定」返納へ お粗末な一部始終の内部資料を入手

記事まとめ

  • 武田薬品工業が経済産業省が制度設計する「健康経営優良法人」認定を返納するという
  • 現役の社員から「虚偽申請の事実を経産省に内部告発した」と情報提供があったそう
  • このまま認定取り消しになる可能性が高く、7月1日付で発表される見通しとか

武田薬品「ホワイト企業認定返納」のお粗末な一部始終、内部資料を入手

武田薬品「ホワイト企業認定返納」のお粗末な一部始終、内部資料を入手

武田薬品のグローバル本社。本編集部が入手した内部資料によると、グローバル本社で18年9月〜19年4月に36協定違反2件と賃金不払い1件があり、労基署が是正勧告を出した

国内製薬最大手で世界のメガファーマ(巨大製薬会社)の一つに数えられる武田薬品工業が、経済産業省が制度設計する「健康経営優良法人2019大規模法人部門(通称・ホワイト500)」の認定の返納手続きを始めたことがダイヤモンド編集部の取材で分かった。このまま認定取り消しになる可能性が高く、7月1日付で発表される見通し。

 健康経営優良法人(大規模法人部門)は5月1日時点で、820法人もが認定を受けており、認定返納も初めてのケースではない。それでも武田薬品の返納がニュースな点は、判明したそのお粗末な経緯だ。

 法人が認定を受けるためには、健康管理に関連する法令について「重大な違反をしていない」ことが必須条件になっていた。具体的には2017年4月から申請日までに「長時間労働等に関する重大な労働基準関係法令の『同一条項』に『複数回』違反していないこと」などが課されていた。ただし自主申告のため、違反の事実を伏せて虚偽申請することも可能だ。

 本編集部に6月上旬、現役の武田薬品社員から、「複数の社員が虚偽申請の事実を経産省に内部告発した」「近く認定がはく奪される予定」と憤慨する情報提供があった。本編集部の取材に対し、経産省ヘルスケア産業課は「返納があった」と説明し、経緯は非回答。武田薬品広報担当者は「虚偽申請の事実はない」と明確に否定した。ただそうであっても、後述のように、武田薬品の“残念ぶり”は変わらない。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)