「安定した会社」でくすぶる人が、業績が傾いた途端「絶好調」になる理由

「安定した会社」でくすぶる人が、業績が傾いた途端「絶好調」になる理由

「安定した会社」でくすぶる人が、業績が傾いた途端「絶好調」になる理由の画像

発売1カ月で8万部突破のベストセラーとなった『直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN』――。去る5月某日、同書の出版記念イベントが、東京の「二子玉川 蔦屋家電」にて開催された。ゲストは『私鉄3.0 沿線人気NO.1・東急電鉄の戦略的ブランディング』の著者である、東急・執行役員の東浦亮典氏。
佐宗氏によれば、東急グループで数々の都市開発を手がけてきた東浦氏は、「VISION DRIVENな(=妄想駆動型の)思考法」の体現者なのだという。お二人の白熱したトークイベントを、全3回にわたってレポートする(第2回/全3回 構成:高関進)。

■独自性を解放したほうが「味方」が増える

佐宗邦威(以下、佐宗):東浦さんのように「妄想力」が豊かであるがゆえに、周囲の人には「まだ見えていないこと」が見えてしまう人は、企業が持続的に成長していくうえでは欠かせないと思います

しかし、そういう人材ほど、とくに若い頃なんかは、会社の仕組みに邪魔をされたり、従来の慣習を突破するのに苦労したりすることが多いと思うんですよね。

東浦さんはそのあたりをどうやって乗り越えられたんでしょうか? 会場にもいらっしゃる「若き妄想家」の方たちは、すごく知りたいことだと思うんです。

東浦亮典(以下、東浦):うーん…そうですね……茶髪にしてみるとか……(笑)。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)