連続起業家「けんすう」マンガファンの“熱量”伝えるサービスを作る理由

連続起業家「けんすう」マンガファンの“熱量”伝えるサービスを作る理由

アル代表取締役の古川健介氏 Photo by Yuhei Iwamoto

学生時代からインターネットサービスを開発してきた連続起業家・古川健介氏が現在取り組むのは「マンガ」をテーマにしたサービスだ。マンガに関する「好き」を熱量を込めて語る、また新しいマンガと出合う。このサービスを開発する背景にはある「騒動」があったという。古川氏に話を聞いた。(ダイヤモンド編集部副編集長 岩本有平)

「マンガのファンって熱量の高い人がとても多いんです。ですがマンガを応援する方法って、単行本を買うくらいしかありません。そういう人たちが応援してくれるほどに、マンガがより売れるサービスになればいいと思っています」

 そう語るのは、「けんすう」の名で発信を続ける連続起業家・古川健介氏。古川氏が今注力しているのが、マンガファン向けの投稿サービス「アル」だ。

 古川氏は2004年に、自身が開発した掲示板サービス「したらば」をライブドア(当時)に売却。その後リクルートを経てnanapi(当初の社名はロケットスタート)を起業。14年には同社をKDDIに売却した経験を持つ。古川氏はその後、Supership(nanapiと、同じくKDDI子会社だったスケールアウト、ビットセラーが合併した会社)の取締役として、新サービスの開発やブランディングなどを担当。その後19年1月にアルを立ち上げた。

 アルは、ウェブとiOS向けアプリで利用できるサービスだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)