久保建英のプレーを「ドラえもん」と称した長友佑都の真意

久保建英のプレーを「ドラえもん」と称した長友佑都の真意

国際親善試合のエルサルバドル戦で、ゴールを狙う久保建英 Photo:JIJI

眩い輝きを放つ新星が森保ジャパンに誕生した。9日のエルサルバドル代表とのキリンチャレンジカップで後半22分からひとめぼれスタジアム宮城のピッチに立ち、群を抜く存在感を披露してファンやサポーターを驚かせたMF久保建英。日本代表で歴代2位の若さとなる、18歳5日で日の丸デビューを果たした逸材がピッチの内外で刻んだすごさを、FC東京の先輩でもある32歳のDF長友佑都(ガラタサライ)の言葉をもとに分析する。(ノンフィクションライター 藤江直人)

■「人生2回くらいやっている」と長友が感服するほどの冷静さ

 末恐ろしさに感服するとともに、頼もしくも感じられた。国際Aマッチ出場記録を通算117試合に伸ばし、日本代表史上で歴代単独3位に浮上したDF長友佑都(ガラタサライ)が、18歳になったばかりの可愛い後輩から受けた驚きを分析すれば2つの思いに行き着く。

「人生2回くらいやっているんじゃないですか、と思うくらい冷静にして客観的に自分のことを見られている。彼のコメントを見ていると本当にそう思う。18歳でなかなかできない。楽しみですよね。大物が出てきたな、と」

 日本代表が宿泊するホテル内に、リラックスルームが設けられるようになって久しい。軽食や飲み物が用意され、自由時間にくつろぎながらテレビを見る。次の対戦相手が収められた映像や、国内合宿の場合にはその日に発行された一般紙やスポーツ新聞も揃えられている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)