「年金だけで死ぬまで遊んで暮らせる」と日本人をミスリードをしたのは誰か

「年金だけで死ぬまで遊んで暮らせる」と日本人をミスリードをしたのは誰か

「年金だけで老後は安泰」というミスリードの源流をたどっていくと、小泉政権時代の「年金100年安心プラン」に行きつく  Photo:JIJI

「老後に公的年金以外に2000万円以上が必要」と書かれた金融庁の報告書が大炎上している。しかし、そもそも「年金だけで老後は安泰ではない」ことは30年以上も前から常識だったはず。一体いつの間に、「年金だけで死ぬまで安心」と信じる日本人が増えたのか?過去をたどると、小泉政権時代の「年金100年安心プラン」に行きつく。(ノンフィクションライター 窪田順生)

■「年金だけで死ぬまで安心」と思っていた日本人は一定数いる

 財布のヒモが堅い日本人をちょっぴりビビらせて、「つみたてNISA」などにカネをつぎ込ませたかっただけなのに、なぜ「選挙の争点」だとか「国家的詐欺」なんて感じで大騒ぎになってしまうのか、と金融庁も頭を抱えているかもしれない。

 連日のようにマスコミと野党がうれしそうに取り上げている、「老後2000万不足」問題のことだ。

 既に多くの専門家が指摘しているように、これは、貯蓄・退職金ゼロで、定年退職からの30年を年金オンリーで遊んで暮らそう、というかなりポジティブシンキングなご夫婦をモデルケースした「恣意的な試算」である。

 要するに、金融業界関係者が多く名を連ねる有識者会議「市場ワーキング・グループ」の皆さんが、「とにかく日本人はタンス預金じゃなくて投資にカネを回せ」という熱い思いを強く出しすぎてしまったせいで、世論をミスリードしてしまったのだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)